【人気No.1】ショートモルモットの特徴と飼い方

モルモットってとっても可愛いですよね。でも種類がたくさんあるので一体どれを選んでいいのか悩みませんか?私も同じでした。
最終的には知り合いにオススメされてショートモルモットに決めました。
そこで6年間ショートモルモットを飼っていた筆者が、彼らの魅力について解説していきます。
どの種類のモルモットを飼おうか悩んでいる方、ぜひこの記事を参考にしてください。

ショートモルモットの特徴

ショートモルモットはモルモットの中で一番人気の種類です。別名イングリッシュモルモットとも呼ばれ、多くの人から愛されています。
見ての通り毛は非常に短く、まん丸な目がとっても可愛いです。ショートモルモットといえば白と茶色のイメージがありますが、実は様々な色が出ているので、好みの色を探すのも楽しみの一つです。また、毛質もノーマルタイプとサテンタイプの2種類あります。
ショートモルモットはモルモットの中でも身体が大きめなので、病気にもかかりづらく比較的長生きします。
1回の妊娠・出産でだいたい2〜4匹の子供が産まれます。繁殖は通年あるので、繁殖を望まない場合はオスとメスを同じケージに入れるのはやめましょう。

ショートモルモットの性格

ショートモルモットは社交性があり、人懐っこいと有名です。飼い主と離れるのを嫌がったり、飼い主について回ったりします。また、エサが欲しいときや遊んでもらいたいときには声を出して鳴くのでコミュニケーションがとりやすい種類です。
実はこのショートモルモット、飼育用として品種改良を繰り返されてきたので、非常に飼いやすい性格になりました。手がかからないので、初心者に向いている種類とも言えます。

ショートモルモットの飼い方

食事

食事頻度は朝と夕の1日2回で、1回の食事の量は約20〜30gです。モルモットに与えていい食事は3つあります。

【モルモット用ペレット】
モルモットはビタミンCを体内で合成することができないので、積極的に与える必要があります。このモルモット用ペレットにはそのビタミンCが豊富に含まれているので、簡単に摂取させてあげることができます。

【牧草】
モルモットは草食動物です。牧草が大好きなので、常に新しいものを与えてあげましょう。

【野菜・果物】
野菜を手から食べさせることができるので、食事中にたくさんコミュニケーションを取りましょう。パセリにはビタミンCが多く含まれるので積極的に与えてください。ちなみにタンポポの葉っぱも大好物です。レタスが好きなモルモットが多いのですが、栄養が少ないのにも関わらず水分が多い野菜なので与えすぎてしまうと下痢を引き起こす可能性があります。
反対に絶対に与えてはいけない食事として、人間が食べる味付けされた食材、ネギ類、チョコレートなどが挙げられます。万が一与えてしまうと、命に関わる可能性があるので注意してください。
水はいつでも飲めるように、ケージに吸水器をつけておきましょう。牧草を食べると喉が乾くので吸水器の中に新鮮な水が入っているかこまめにチェックしてください。

飼育環境

デリケートな動物なので、室温や騒音には十分配慮してください。適切な室温は20〜27度です。騒がしい場所ではストレスが溜まってしまうので、テレビなど音がうるさいものがある場所や玄関など人通りが多い場所にケージを置くことは避けましょう。モルモットはストレスを感じると病気になったり暴れる可能性もあるので要注意です。また、子育て中にストレスを感じると、自分の子供を噛み殺してしまうケースがあります。

運動

モルモットは1日30分〜1時間程度の運動が必要です。広い場所が好きなので、部屋の中で放し飼いにするといいのですが、意外とすばしっこいので、誤って怪我をさせないように気をつけてください。ただ飼い始めたばかりで、お互いに信頼関係がない状態で広い部屋に放し飼いにすると、ストレスの元となるのでやめておきましょう。まずは少しずつ触れ合う時間を作り、徐々に慣らしていってください。

最後に

ショートモルモットは人懐っこいのでとても可愛いです。人間と遊ぶのが大好きで、育てやすいので初心者にもオススメです!

 

🐹きゅーぺっつマガジンの小動物の記事をよむ🐰

さまざまなサインが教えるプレーリードッグの病気について

デグーと暮らそう デグーのお部屋をコーディネート

初めてペットを飼う人にも安心、満足!ゴールデンハムスターの魅力をお届けします!