愛犬がうんちを食べる理由は

今回の記事では愛犬の食糞についてご紹介します。なぜ犬はうんちを食べるのか、それにはちゃんとした理由があるのはご存知でしょうか?
うんちを食べるのは決して悪い事ばかりではありません。ですが、愛犬がうんちを食べた口で手や顔を舐められるのも嫌ですよね、どうしたら食糞を辞めさせることができるのか、子犬に多い食糞の理由と一緒に解説します。

 

なぜうんちを食べるの?

犬がうんちを食べる理由は様々あり、愛犬の食糞を辞めさせたい場合は「何故うちの子はうんちを食べるのか」と疑問に思う事が大切です。疑問に思うことで、その原因を知り、対処することができます。以下の項目に愛犬が当てはまっていないか確認してみましょう。

餌の量が少ない又は多い

与えている餌の量が少ないと、お腹が空いて目の前にあるうんちを食べる傾向にあります。その場合の対処法として少しずつ与える餌の量を増やしていき様子をみましょう。
餌の量が多すぎる場合でも食糞をする犬はいます。その理由は餌を消化しきれないまま便として出てしまうことで、便に餌の臭いが強く残り、食べてしまいます。(食いしん坊な子に多い)

飼い主の気を引きたい

愛犬が目の前でうんちを食べた瞬間、飼い主が騒ぎ出すことが原因で、その様子を見た犬はなんか楽しそう、かまってくれると思い食糞をします。
愛犬が食糞をした時は騒がず、無言で対処しましょう。

飼い主に怒られたくない

うんちをしたことに飼い主が怒るのではないかと感じ、隠そうとしてうんちを食べる行動をします。
普段から愛犬の接し方に問題はありませんか?食糞しているところを見つけたら怒らず無言で片づけましょう。

ストレス

運動不足や、なかなか構ってもらえない等のストレスにより、食糞行動をします。手持無沙汰が原因で食糞する子もいます。
散歩の時間を長くすることや愛犬をかまってあげましょう。

認知症

認知症になった犬が食糞するケースがあります。何でも口に入れようとしたり、かすかな餌の臭いを嗅ぎとり食べようとします。
対処法として、おむつをするか、うんちを早めに片づけましょう。

 

うんちを食べるのは良い事なの?悪い事なの?

うんちを食べる行為は生きようとする動物の本能なので、しょうがないことです。野生で生活していた動物は、何らか原因により体調を悪くして餌を摂取しても消化しきれず大切な栄養が便から出ても、生きようとする本能で足りていない栄養を取り戻そうとして食糞をします。

なので食糞は決して悪い事では無いのですが、便の中には多くの雑菌や、中には体に害をなすウイルスなども混じっています。
人間の管理下で育っている犬なら野生の動物と違い、食事(栄養)に困らないので、食糞によりウイルス感染のリスクを考えると、食糞させないで下さい。
※母犬が我が子の尿便処理をするなどの例外はあります。

食糞は子犬に多い

食糞は子犬に多くみられる行動の一つですが、どうして子犬は自分のうんちを食べようとするのでしょうか?
実は、好奇心からうんちを食べる子が多いのです。

その他にも以下の理由で子犬がうんちを食べます。

  • 好奇心
  • うんちからドックフードの臭いがして美味しそう
  • 暇つぶし
  • 空腹

以上のことが理由で子犬が食糞をすると考えられます。

 

食糞を止めさせる方法

食糞をやめさせる方法として、市販されているものでパイナップルやトウガラシの成分を含んだ「うんちにかける食糞防止スプレー」があります。食糞防止スプレーをうんちにかけることで、犬が食べてもマズいと感じ、食糞しなくなると言われています。
しかし、食べなくなるのは一時的なもので、直ぐに慣れてしまい再び食糞をします。

食糞は習慣化するとやめさせることが難しいです。子犬の時から対策をとるのが一番いいのですが、成犬になっても食糞が治らない場合は、飼い主さん側の接し方に問題があるのかもしれません。以下の事に注意してみましょう。

  • 愛犬がうんちをしたら直ぐに片づける。
  • 食糞をしたら騒がず、無言で片づける。
  • 食糞をしている瞬間愛犬を抱きかかえない・名前を言わない
    (うんちを食べるとかまってもらえると勘違いする)

以上の事に気を付けてみましょう。

 

対策は早めにしよう

愛犬が食糞をしていたら、私達に何かを知らせているサインだと思って、愛犬の事を良く観察してみましょう。ただ食いしん坊な子で食糞をしているだけならいいのですが、栄養が足りていない可能性もあります。

もしかしたら、愛犬の食糞は何かをあなたに伝えるためのサインかもしれません。

 

🐕きゅーぺっつの他の犬の記事をよむ🐕

犬アトピー性皮膚炎の症状や原因は?~自宅でできるおすすめ対処法~

犬が食べてはいけない危険な食品ってあるの?

保護犬に最初に教えたいしつけ「マテ」