キジトラの歴史・特徴・飼育方法

猫の中でもよく見かけるキジトラ猫。それもそのはずで、キジトラは猫の基本計で、祖先の血を一番濃く引き継いでいる猫と言えます。
キジトラ猫の歴史・特徴・飼育方法をご紹介します。

キジトラ猫の歴史

猫の基本形であるキジトラ猫はなぜイエネコとなったのでしょうか。

猫の祖先はリビアヤマネコ

現在、ペットとして飼われているイエネコの祖先は中東からエジプトの砂漠地帯に住んでいるリビアヤマネコとされています。以前からその説が有力であったのですが、近年のDNA解析で確認されています。

リビアヤマネコの外見はキジトラ猫にそっくり。現在でも中東あたりの砂漠地帯にリビアヤマネコが生息しているのですが、「リビアヤマネコである」と説明されないとキジトラ猫だと思ってしまいます。キジトラ猫は祖先であるリビアヤマネコの血を濃く引き継いだ猫と言えますね。

人間と暮らし始めたのは9500年前

イエネコとしての最古の記録は9500年前にさかのぼります。中東からエジプトにかけての地帯で穀物の栽培が盛んになり、穀物を狙うネズミをリビアヤマネコが捕食してくれたことにより、人間と密接に付き合うようになったと考えられています。

その後、古代エジプトでペットとしても飼われるようになりました。エジプトにはバステトという猫の女神もおり、大切にされていたようです。猫のミイラや壁画も見つかっています。

キジトラ以外の被毛の猫も、当時も突然変異として生まれた可能性があると考えれていますが、白や黒、茶トラなどの色は砂漠地帯では目立ちすぎるため生存が難しかったようです。
キジトラ猫がヨーロッパなどに渡り、砂漠地帯ではない場所で人間とより密接な関係を築いて暮らすようになったことから、それらの被毛の猫も増えていったのです。

キジトラの特徴

キジトラの被毛は茶色の地色に黒の縞模様が体全体に入っています。日本ではキジトラと呼ばれていますが、これは鳥のキジ(メス)似ていることからそう呼ばれるようになりました。

英語では「brown mackerel tabby (ブラウン・マッカール・タビー)」。意味は「茶色のサバ柄のトラ猫」です。確かにキジトラの縞模様はサバの縞模様に似ていますね。キジトラの被毛の色は砂漠地帯では自然と溶け合って、保護色となっています。

キジトラ猫の目はゴールドが多いとされています。キジトラ猫は祖先の血を濃く引いているためです。野生の猫種であるライオンやトラもゴールドですね。

しかし、現在のキジトラは純血種ではないため混血が進み、他の目の色も見られるようになりました。筆者の愛猫はキジトラですが瞳の色はグリーンです。

キジトラの性格

キジトラの性格は、野性味が強いので警戒心が強いと言われます。しかし筆者の経験では警戒心が強いというよりも、ツンデレな猫らしい性格の子が多いように感じます。筆者の愛猫もツンデレ甘えっこです。一概にキジトラ猫は警戒心が強いとは言えない面もあるでしょう。

キジトラの飼育方法

キジトラ猫は、祖先の血を色濃く引いていますので活発な子が多いです。完全室内飼育が推奨されますが、おうちの中でも猫らしい運動ができるようにキャットタワーやキャットウォークなど、高い場所に登れるようにしてあげましょう。猫は広さよりも高い場所に登れるようにすることが大切です。

キジトラは一般的に丈夫ですが、猫であるために腎臓病にはなりやすいです。品質の良い食事を用意し、水分を摂らせるようにしてあげるといいでしょう。

まとめ

キジトラ猫はよく見かけるのでありふれた猫だと思う方が多いかもしれません。
猫の基本なので数は多いですが、祖先のDNAを強く引き継いでいるという点から考えてみると貴重な存在であるともいえるのではないでしょうか。

 

🐱きゅーぺっつマガジンの猫の記事をよむ🐱

ヒョウ?トラ?いいえベンガル猫です♪

ラグドールの特徴と飼い方~生きているぬいぐるみのような猫種~

ラガマフィンはどんな猫?いつまでも抱っこしていたくなる、愛らしさ溢れる猫。