アルビノの動物達

「アルビノ」って聞いたことありますか?今回の記事では、世界でも珍しい白い毛や皮膚で生まれてきた動物達についてお話しします。
アルビノの動物はどんな種類がいるのか、アルビノと白変種の違いは何なのか、アルビノの目の色は赤なのか、青い色の瞳はアルビノとは言わないのかを分かりやすく解説します。

アルビノとは

アルビノとは、生まれつきメラニン(皮膚の色)を作り出す遺伝情報が欠損したことから生まれる遺伝子疾患になります。アルビノは人だけでなく魚類・爬虫類と様々な動物にみられ、毛や皮膚の色素が抜けて白く神秘的な見た目に誰しもが見とれてしまいます。
ですが、アルビノのほとんどが深刻な視力障害に悩まされ、メラニンが不足しているので紫外線防御が常に必要です。また、日に当たることで皮膚の損傷や皮膚がんのリスクが非常に高いので、気を付けなければなりません。

アルビノと白変種の違い

※画像は白変種のホワイトライオンです。

よくアルビノと間違えられるのが白変種(はくへんしゅ)の動物達です。白変種はメラニンを作り出す遺伝情報が欠損したアルビノと違い、色素の減少により体毛・羽毛・皮膚等が白く変化した動物をいいます。
例えばホワイトタイガー・ホワイトライオン・白猫などは白変種であることが多いです。アルビノと白変種は生理学的にも異質なもので、白変種のメラニン生産能力は正常なため瞳の色が黒いのに対して、メラニンが欠損したアルビノの瞳は赤く透けています。

アルビノの目の色は赤色だけ?

上記の内容では瞳の色が赤く透けているのがアルビノとお話ししましたが、アルビノと診断されている「人間」が、赤い目をしていることはほとんどありません。アルビノと白変種の違いはメラニン色素に異常があるか無いかの差なので、瞳の色が赤くないアルビノはメラニン色素に異常がみられるけど完全に欠損していないことから瞳の色が薄いグレーやブルーだったりします。
毛の色も同じで完全な真っ白ではなく、金色や少し茶色みかかっているアルビノもいますが、動物では詳しく遺伝子検査をしないと判別することができないため、分かりやすい基準として目の色で判断しています。では画像でアルビノと白変種の違いを見てみましょう。

アルビノの動物達

  

白変種の動物達

アルビノの子をペットとして飼う注意点

アルビノの子であってもペットとして飼育することは可能ですが、飼育する際には注意する点があります。
それは、太陽の紫外線に弱いので目を保護するために犬専用のサングラスを付けたり、日差しが強い日などは日焼けをしないために日中の散歩を控えることです。また、視力が悪いことから壁や物にぶつかるため、室内であってもテーブルの角やガラスにクッションカバーをつけて、ぶつかっても大丈夫なように対策する必要があります。

アルビノの動物は人の保護がないと生きられない

白い色で生まれた動物達は見た目には神秘的で綺麗ですが、野生の生活では周りに馴染めず目立ってしまいます。
アルビノの動物は特に視力が弱い事もあり、肉食獣の標的になりやすく、長く生きることが困難な生き物です。それだけでなく、白い動物たちは見た目にも美しく希少価値が高いため密猟されやすくなります。突然変異で生まれた動物達ですが、神秘的で美しく、力強く生きている姿を密猟者の手から守ってあげたいですね。

 

🐶きゅーぺっつの他の記事をよむ🐱

動物にまつわることわざクイズ

保護ネコカフェ「ツキネコカフェ」を訪問!

オーナーの想いが宿る猫カフェ「犬猫人」