フィラリアのあれこれ

ワールドカップ⚽️も盛り上がっていますね。私も日本VSコロンビアを見て思わず興奮したひとりです😊

猫食セミナーのちゅーる💕についてのまえに。。。

梅雨☔もまっただ中になってきましたので、ちょっとはさんで、「フィラリア」についてお話したいと思います。

そろそろ病院でもお薬を処方されてきている方も多いのではないでしょうか❓

1、いつから飲ませるの?

2,飲ませるの忘れたら?

3,いつまでのませたらいいの?

この3つ、何年たっても質問多い‼️ということでお答えします。

1,いつから・・・

蚊だ‼️となってから、1ヶ月後からでOK。例えば5月に蚊をみたな~と思ったら6月からです🤚

2,飲ませるのわすれたら???

毎月この日はフィラリアの日👌と決めていても、つい忘れてしまうことがあります。黒田もよくありました😓

そして気がついたときには10日以上すぎてるじゃん‼️なんてことも…ありますよね💦

「どーしよ、どーしよ」となってしまうのをおさえて、そのときに飲ませてあげてください。もし体調が悪いようなら数日様子を見てからでも大丈夫です。

忘れてのませないというのが一番よくありません。

3,いつまで飲ませるの?

意外と知らない方も多いのですが、蚊がいなくなってから1ヶ月先までのませてください。12月に蚊がいなくなったら1月も飲ませます。

カレンダーに飲ませる日シールを貼って、お薬がたりなくなるようなら病院にいってもらってきましょう‼️

フィラリアのお薬は検査なく飲ませてしまうと、もしフィラリアにかかっていた場合にはショックをおこしてしまう可能性もありますので、必ず病院で血液検査をしてくださいね😊

また最近は海外からのフィラリア薬がインターネット上でも多くみられるようになりました。日本で獣医さんに処方されたものが高い💴から・・・と個人輸入される方も多いのではないでしょうか。

でもそのお薬、安全であるという保証がありません😢

「でも海外で使われているじゃん!」

たしかに。そのとおりです。でも日本の法律で、

「海外の製品の個人輸入したものは、なにか起こってしまったとしても保証はありません。」

と決まっているのです。もちろん製造会社さんも対応してくれません。

すべては小さな命のために、安全でかつ検査を受けて投薬するようにしましょうね😊

ノミだに、蚊の忌避スプレーです。刺されたところに塗っても散歩前にスプレーしてもOK